トップ兵庫のやきもの>雲雀丘焼に 関する考察


 雲雀丘焼に関する考察(第8回兵庫の焼物展)

 『兵庫のやきもの』に載っている雲雀丘焼とは、これやでと見せられたのは、もう10年以上前のことにな る。
インパクトのある色使いと、のどかな雰囲気の漂うお皿に、何とはなしに惹かれてしまった。
見つけては買い、頼んでは買いしている内に10点を越えてしまっ た。
そうなるとどういう焼物なのか、もう少し調べてみようと思い、資料を当たったが調べきれずにいる。
お客様のご教授に期待したい。     

 サントリーの鳥井会長の自宅の雲雀丘(実際には川西市寺畑2で
最寄り駅が雲雀丘)に焼物の窯があり、
会長自身の号を寿山、寿山人と言ったという。

作品自体には、寿山窯造上海儒者西晴雲画と有り、
鳥井会長と西晴雲の関係から鳥井会長の自宅の窯(寿山窯)で、
西晴雲が主体で焼いた焼物ではないかと思われる。

ただし、鳥井会長の交友関係に在る作家の来窯はあったと思われる。 


          裏書色々                   
                      


報告

 雲雀丘について、貴重な資料が出てきました
 ので報告させて頂きます。

 5枚組の共箱の中から右記のしおりが出て
 きました。

 確証の持てなかった鳥井邸壽山窯説が
 裏付けられる結果となりました。

  参考にしてください。


    数字をクリックしてください   →   
    上下に分けて拡大表示させています 




    


箱の表書き

箱の裏書き

  箱の表書き

箱の裏書き

晴雲のやきもの_表部分

晴雲のやきもの_裏部分

いかにも晴雲らしい色使いとタッチです


朱で壽山の書 き銘と
長方形の中に壽山の印があります

晴雲のやきもの_表全体

         


鳥井 信治郎
[とりい しんじろう]

サントリー創始者・洋酒王 (1872〜1962)
 葡萄酒の製造販売を目的とした鳥井商店を商業。
これを母体として、1921年12月1日に株式会社壽屋(寿屋)を設立。
サントリーの前身・寿屋を赤玉ポートワインで一躍有名にした人物。
「美酒一代」「広告の天才」と呼ばれた鳥井は積極的に宣伝活動を行い、周囲の意表をついた広告を次々と採用。

昭和2年、国内最初のウイスキー「サントリーウイスキー白札」を発売。同時に赤玉が太陽(サン)を象徴していたことから「サン」をとり、鳥井「トリイ」と合 わせ、『サントリー』とする。

西 晴雲
[にし せいうん]
(1882〜1963)

 現在の島根県大田市の生まれ。本名は西村和作。
中国を歴遊して30年間滞在。
この間、上海画壇の重鎮斎白石、金清源、王宗賢、呉昌碩に中国南画、王源に書を学び、上海画壇に名声を得る。
また、九江、景 徳鎮にて余技として研究していた陶磁器の染付け上絵を習得。
その間にも東京、大阪で個展を開催。橋本関雪とその技を競う。
江南100題など中国の風景や花 鳥に佳作が多い。
徳富蘇峰に画風を愛され厚誼を受けたほか、晩年はサントリー社長の鳥井信治郎の後援を得る。
また陶磁にも興味を持ち、盛んに中国の風物を絵付けしている。
鳥井没後は郷里に帰り生涯を終えた。
郷里に西晴雲美術館がある。(在阪時の住所は兵庫県川西市寺畑28)

 古物商(ふるものあきない) ひじり屋  〒663-8003 兵庫県西宮市上大市1−8−1
TEL:0798-54-5258  フリーダイヤル: 0120-71-3798  E-mail: info@hijiriya.com

↑ページの先頭へ

【兵庫の やきもの】に戻る